汚い!臭い!変な味!その水の危うさ水質検査・水質調査で認識すべきです。

新着情報

水を笑う者は水に泣く(水質検査・水質調査の大切さ)

生物が生きていくために、水は必要不可欠です。当然ながら人間も水がなければ生きてはいくことができません。日本では蛇口をひねれば飲料水が出てきます。 しかしそれに疑問を感じる人も多いのではないでしょうか?その水が溜め込まれているのは貯水槽、本当にきれいなのか見たことはありますか?

貯水槽のない建物も長い配管を通って飲料水が供給されています。中がサビだらけだったら細菌が繁殖していたら。何の疑いもなく飲んでいるその水、もしかしたら危険なのかもしれません。

「色が変。臭いが変。味が変。この水、もしかしたら危険なのかもしれない」こんな不安を施設の使用者が感じ始めたら、管理者の信用問題にも発展してしまいます!それを防ぐために、厳正な水質の検査・分析は絶対に必要ではないでしょうか。

実際に検査を怠っていたことで水道水を原因とした500人近くの感染者が出る事件もありました。

当サイトでは、そんな危険を回避するための分析を行っています!水質の大切さ、もっと良く考えてみませんか?まずはお気軽にご相談ください。